東京藝術大学大学院の文化財保存学彫刻研究室恒例の「2018年度 研究報告発表展」が開催されます

今回の目玉は、福島県磐梯町から委嘱されている坐高2mにおよぶ「想定復元制作 慧日寺金堂薬師如来坐像」のご披露です。これが東京で最初で最後のお披露目となり、展覧会終了後は磐梯町に移動し、7月30日の完成披露へ向けて現地で制作されます。ぜひご高覧下さい。

日時:2018年4月18日(水)〜22日(日)10:00〜17:00

会場:東京藝術大学陳列館

備考:入場無料

懇親会:4月18日(水)17:30〜19:00 美術学部大学食堂「大浦食堂」

口頭発表会:4月21日(土)13:00〜 美術学部第一講義室
修士課程、博士課程修了者による研究発表および修復などの担当者による報告、質疑応答



 
 


本体錆び付け正面